自動車保険料の相場は、一般的に約6万円前後と言われています。

自動車保険料の料金設定については、等級や保障内容など
様々な要因が絡んできます。

そのなかに年齢も、大きなポイントのひとつとして知られています。

若い人ほど、保険料が高くなる理由

学生など免許取り立ての人は、他の人とくらべて事故率が高いと言われています。
30歳代から60歳代ぐらいは事故率が低く、高齢者になると事故率が高くなります。

事故率が高いと、保険料も高くなります。

高校3年で18歳になった場合、高校生でも免許の取得が可能ですが
保険料は高額になります。

若い人の保険料をより安くする方法

親の自動車保険を使う

親の車を使ったり、親の自動車保険を継承する事で
自動車保険の等級が高いのでより安くなります。

親から見ると、年齢限定条件特約を外すことで
保険料が倍増します。

親が長年無事故で車に乗っていた場合、等級が高くなっているはずです。

新規で自動車保険に契約すると6等級になり
等級が高い場合に比べて保険料を安くできます。

等級は無事故で1年過ぎると上がり
事故などで保険を使うと基本的には3等級下がります。
条件により1等級だけ下がる場合もあります。

事故を起こしまくって6等級より、
低くなっている場合は新規契約した方が良いです。

21歳になったら年齢限定条件特約をつける

年齢限定条件特約は運転する人の年齢に条件を付ける
自動車保険の特約です。

特約には区分がされており、
全年齢補填、21歳以上補填、26歳以上補填、30歳以上補填
といったように細かく分かれています。

そのなかで最も料金が高く設定されているものが若い人でも加入できる
全年齢補填です。

21歳以上になったら、自動車保険の年齢限定条件特約
を21歳以上にすると保険料がより安くなります。

ただし、弟、妹など年下の人が同じ車を運転する場合は
事故を起こした場合保険が使えないので要注意です。

年下の人が同じ車に乗らないのであれば年齢に合わせて特約を
21歳以上補填、26歳以上補填、30歳以上補填
と変更したほうが保険料がより安くなります。

自動車保険一括見積もりサービスを使う

自動車保険は保険会社によっては同じ保証内容でも
保険料に差が出ることも。

無料で使える、自動車保険一括見積もりサービス
を使えば複数の保険会社から同時に見積もりを取ることができます。
【無料】自動車保険を複数の保険会社から一括見積もり請求!

見積もりはメールや郵送で送られてくるので
保険会社を比較してより安い保険料の保険会社を選ぶと良いでしょう。

あなたにぴったりな自動車保険を見つけよう

保険の窓口インズウェブでは、最大20社の見積もりが一度に受けれるので
安くて自分にぴったりな保険が、きっと見つかります。

申込は無料で、最短5分ほどで終わります。

公式サイトはこちら

矢印自動車保険見積もりのインズウェブ