自動車保険には車を購入すると必ず加入しなければいけない自賠責保険と、
万一の場合に自賠責保険では賄いきれない金額や対象に対しても
補償してもらえる任意保険があります。

自賠責保険は人身事故の場合のけがをした相手側に支払う賠償金で
最大3000万円という有限で補償するものです。

車の修理代などは補償の対象ではありません。

しかし任意保険に加入をしておくことで相手側のみならず
自分の車の修理代も補償されます。

そのため誰がいつ交通事故に遭うかわからない現代、
任意の自動車保険に加入しておくことは大切なことです。

任意保険では相手側の車や自分の修理代を補償することができますが、
もし車を全壊させてしまった場合はどれだけの金額を
補償することが可能なのでしょうか。

その額はその車の「時価」ともいわれる「市場価格」までということになります。

全壊するともうその車は乗ることができないので
新しい車を購入するということになります。

しかし乗っていた車が新車で購入して間がないとしても
その車のその時の時価で換算されます。

新車で購入しても購入してしまえば新古車または中古車扱いになるので
同じ車でも新車と全く同じ価格分を補償するということはできないのです。

その車の年数や走行距離などで中古車としていくらで
買い取ることができるかということなります。

車が全壊とまではいかなくても修理の場合も同じです。

修理代にも市場価格があるので、
保険会社はそれを参考に補償金を支払うことになります。

被害者側から修理代の時価よりも上回った額の請求が来ても
時価までしか支払う義務はありません。

基本的に保障されなかった分を加害者が出すという義務もないのです。

任意の自動車保険に加入をしておくことで万一の時にできる限りの賠償を
相手側にすることができます。

車の修理代や買い替え金額については市場価格を基本に支払われるので
相手側の請求通りにはいかないということ、
また逆に自分が被害者になった時も同じで新車同様の補償金を
請求できないということを知っておくことが必要です。

しかし万一自分が交通事故の加害者になって自賠責保険では
補償できない範囲の賠償金が必要になった場合には
一生をかけてでも自費で支払うことになります。

任意の自動車保険に加入をすることによって
自費で支払うということもせずに済みます。

毎月の掛け金はもちろん支払う必要がありますが、
それよりもずっと多額な賠償金も補償してもらえるので
任意の自動車保険への加入は大切です。

あなたにぴったりな自動車保険を見つけよう

保険の窓口インズウェブでは、最大20社の見積もりが一度に受けれるので
安くて自分にぴったりな保険が、きっと見つかります。

申込は無料で、最短5分ほどで終わります。

公式サイトはこちら

矢印自動車保険見積もりのインズウェブ