あまり車に乗らなくても事故はいつ起こるかわかりませんが
乗る機会が少ないからと行って保険をかけないわけには行きません。

今回は走行距離に応じて安くなる自動車保険について紹介します。

走行距離で保険料が安くなる自動車保険

乗る機会が少ないということはそれだけ事故に合う確率が低いので、
たくさん乗る人と同じだけの保険料を支払わなければならないのは少し負担になってしまいます。

そのような時に保険料を節約することができるものとして、
走った距離によって保険料が決まるタイプの自動車保険があります。

走った距離によって保険料が決まるタイプというのは、
予め年間でどのぐらい走行するかを申告してそれによって保険料が決まります。

当然走行距離が短いほど保険料は安くなり、長いほどに保険料が高くなります、
あまり車に乗らず走らない人は得する可能性が大きく、逆にたくさん走る人には向いていません。

走った距離だけの自動車保険を検討している時に問題となるのが、
年間でどれだけ走るのかはっきりしないというケースです。

申告した走行距離をオーバーした場合

年によって車に乗る機会が変わる人は、ある年は1万キロ走ったけれども、
その次の年は5000キロしか走らなかったということがあります。

そのような人が1万キロで契約をして5000キロしか走らなければ損ですし、
5000キロで契約をしてオーバーをしてしまうと保証されないのではと心配になってしまうものです。

これも事前に申告した距離をオーバーするようなことがあっても、
追加で保険料を支払えば補償される仕組みとなっています。

また、翌年度から前年度の走行実績に合わせればその年は超えてしまっても補償されるケースが
多いので気にしすぎる必要はありません。

細かい部分に関しては保険会社によって異なります。
契約の際によく確認をしておくことは良いでしょう。

契約中にオーバーをしてしまっても問題ないような仕組みはあるので安心です。

まとめ

自動車保険の保険料は車を乗る上で実質的に必ず必要となるコストです。
できるだけ節約をしたいところです。

申告した走行距離をオーバーしてしまっても、補償されないようにはならない
仕組みになっているので走行距離を気にし過ぎる必要はありません。

それならば乗った分だけ支払うというのは合理的であるため、
あまり車に乗らない人はこのようなタイプの自動車保険を検討してみると良いでしょう。

あなたにぴったりな自動車保険を見つけよう

保険の窓口インズウェブでは、最大20社の見積もりが一度に受けれるので
安くて自分にぴったりな保険が、きっと見つかります。

申込は無料で、最短5分ほどで終わります。

公式サイトはこちら

矢印自動車保険見積もりのインズウェブ