自賠責は強制だけど、自動車保険(任意保険)に入る必要があるのか?

結論から言うと、入った方が良いです。
自賠責だけだと最低限なので自分の治療や自分の車の補償は全く無いです。
事故した時の事を考えれば、お金が無い人ほど入るべきです。
(自分の治療、車の補償は相手が居れば相手の保険を使える可能性があります。)

任意保険に加入するメリット

今回は、任意保険に入るメリットを紹介します。

対人補償を無制限に出来る

自賠責で治療費などの補償は最大120万円、死亡による損害に最大3000万円。
任意保険では保険料は上がりますが、対人補償を無制限にする事が可能です。

最近の人身事故では1億円を越える損害賠償金を請求する判例が多いそうです。

実際、自転車の事故でも1億円の賠償命令が出ていました。

場合によっては、3億円を越える賠償請求をされる事もあるそうなので
無制限にしておくと安心です。

対物補償を無制限に出来る

対物補償は自賠責には無い補償。

相手の車はもちろん。
事故で損害を受けた道路のガードレールや電柱、
店舗やトラックの積み荷も補償の対象になります。

万が一、営業中の店舗に突っ込んで店舗が休業を余儀なくされたら
休業損害なども補償されます。

対物超過修理費用補償特約は付けた方が良いかも

例えば事故した相手の車が古くて、時価総額が20万だとします。

しかし、相手の車の修理には40万掛かる場合
相手の車の時価総額までしか補償されません。

対物超過修理費用補償特約に入ると
時価総額以上も過失割合に応じて補償されます。

ただし、多くの共済や保険会社は上限が50万円までとなっている
ので要注意です。

自分や同乗者の怪我などの補償

任意保険なら
人身傷害保障特約や搭乗者傷害特約に入る事で
自分の怪我の補償や死亡時にも補償されます。

自分の車に対する補償

任意保険なら自分の車に対する補償が付けられます。

この補償を保険に入れると、保険料が高くなるのですが
車なら入れておいても良いかと思います。

前、バイクで任意保険更新時のはがきに
オススメで車両保障付のプランが載っていました。
元々が1万5千円ぐらいだったのに、
3万ぐらいになっていたので元のプランで契約しました。

JAなら自賠責セット割で、任意保険が割安に

今の所、JAのみですが自賠責と任意保険両方ともJAで契約すると
対人賠償の共済掛金が7%割引になります。

他の保険会社では無い様です。

また、任意保険と自賠責の保険会社を同じにすると
事故の時の手続きがスムーズになるそうです。
【参考】自動車保険の任意保険と自賠責を同じ損保で加入すれば割引になるのですか?

 

あなたにぴったりな自動車保険を見つけよう

保険の窓口インズウェブでは、最大20社の見積もりが一度に受けれるので
安くて自分にぴったりな保険が、きっと見つかります。

申込は無料で、最短5分ほどで終わります。

公式サイトはこちら

矢印自動車保険見積もりのインズウェブ